「お部屋探し」から「ご入居」まで。

引っ越しをするとき、まずは情報収集からはじめて、きちんと段取りをふんで動きましょう。お部屋探しをする前に、住み替えするまでの手順やチェックポイントをご紹介しています。

予算をたてる。 賃貸住宅に入居するときには、敷金や礼金、前家賃や引っ越し代など一時的な費用がかかります。
その他にも家具等の購入費用も必要になる場合がありますので、できるだけ余裕を持って予算を組んでおく必要があります。
また、毎月々の家賃の支払いにつきましても手取り月収の3分の1を目安に探しましょう。高い部屋に決めてしまった後で困ることにならないように注意しましょう。
希望条件を決める。 間取り、希望する地域、家賃等の希望条件をピックアップし、どうしても譲れないという条件をきめ、優先順位もきめておきましょう。
最高の条件を探すのではなく生活条件で必要なことを優先順位に探されることをおすすめします。

間取りについては家族構成や持ち物の量を考えて決めましょう。

希望する地域(最寄り駅等)は、通勤・通学にムリのない範囲で選びましょう。
ひとつの駅や地域に限定してしまうと選択肢が少なくなってしまうこともあるので、決めるときには、A駅~B駅間」「C駅まで●●分で出られる駅」というように幅を持たせましょう。
しかし、都心に近づくほど家賃は高くなるということ。また、急行が停まる駅なのか、各駅停車しか利用できない駅なのかも影響します。

ただし、その地域の相場に自分の予算が追いつかなかった場合には、残念ですが条件の見直しが必要となってきます。
情報収集する。 まずはじっくりインターネットを活用して、どんなお部屋があるのか?家賃等はいくらぐらいなのか?など希望する地域の賃料相場も調べておきましょう。
希望どおりの部屋が見つからないときは自分の住みたい部屋の条件を見直してみましょう。
相場に合っていない可能性もあり、また希望条件の優先順位で、「絶対譲れない」「できれば」「あきらめてもいい」といった具合に、どこを優先してどの点を我慢するか見えてくるはずです。

北山ハウスのホームページでの検索や、当社にお越し頂ければご希望条件をもとに物件をご紹介いたします。
また、住み心地などについてもお気軽にお聞き下さい。
お部屋を見学する。 希望する条件に合うお部屋が見つかり、間取りや写真があっても必ず見学しましょう。
当社に電話で連絡し希望物件があるか確認して、見学希望日時をお伝え下さい。ご案内させて頂きます。

見学前に間取図を見て、おおよその広さは想像できますが実際は、天井の高さや柱の出っ張り、梁の有無、壁の色、日当たりなどで感じる広さは、物件を実際に見てみなければわからないことも多くあります。

また、最寄駅までの距離、スーパーや病院など周辺の住環境を確かめておくとより良いでしょう。
申込をする。 満足のいく物件であればできるだけ早めに申し込みましょう。
翌日には申し込み済ということもありえます。

敷金・礼金・賃料などお金に関すること、禁止事項や特約事項など入居にあたっての条件はよく確認しないと後でトラブルになることがあります。
ペットや石油暖房器具の使用をはじめ同居者がいるのであればその旨を必ずお申し出下さい。申込をすると入居審査を行います。
お申し込み内容により、収入証明など他書類を審査時にご用意いただく場合もございます。

審査が通りましたらいよいよ契約です。
契約をする。 契約では最初に重要事項のご説明をいたします。
契約期間や賃料、敷金、禁止事項、特約事項など特に禁止事項や特約事項はキチンと目を通さないと後でトラブルの元になりますので、よくご確認下さい。それから契約書に記名押印して頂きます。
また、契約金のお支払いにつきましてはお振り込みとなる場合がほとんどです。

【契約時に必要な物】
入居者様の住民票
入居者様全員分の現住所(引越し前の住所)を証明するために必要になります。
契約日の前までに準備しておいてください。

保証人様の印鑑証明
契約書、確約書に押された印鑑が、保証人様の居住する市区町村役所(場)に登録されている印鑑(実印)であることを証明する書類です。
市区町村役所(場)またはその出張所で交付されるので、事前に保証人様に用意してもらいましょう。

保証人様の確約書
保証人様が入居者の身元と万一の場合の損害賠償などの連帯責任を約束するものです。
記入は保証様人ご本人にしていただき、印鑑証明を受けた実印を押印してください。

入居者様の印鑑
契約書の押印に必要ですので契約時には忘れずにお持ちください。


その他、必要書類がある場合にはその際ご説明させて頂きます。
引っ越しをする。 いよいよお引っ越しです。
引越し前に電気、ガス、水道の開栓なども引越しの日時にあわせて依頼しておきましょう。
引越しがすんだら転入届(その前に転出届も忘れずに)、運転免許証等の住所変更もお忘れなく。